アイコン:「ネギま!カメリア」さん TOP絵:「~ ねこまた ほまら ~」さん
※ネギま!最終回のネタばれを含みます。
【Web拍手返信】

13:21
『伏線丸投げとか色々言われていますが、一番問題なのは魔法世界が終わった後でコミックス2巻分の余裕があったにも関わらず、話を畳むどころかますます大きく広げた挙句に夜逃げみたいな終わり方をしたことだと思います。おそらくマガジン巻末で各クラスメイトの説明を始めた頃には連載終了を決めていたと思われますから、綺麗に終わらせることもできたはず。この「煽って煽って煽って丸投げ」という姿勢は叩かれても仕方が無いのではないでしょうか。漫画家としてだけではなく、一社会人としても信用を失いかねない道を先生がどうして選択してしまったのか? 本当に不思議でなりません。赤松先生側から何か公式に弁明でもあればいいんですが……』


私は、余りここ2巻の展開はそれほどは
気になりませんでしたねぇ^^;
まぁ、赤松先生の思うとおりにやってくれ的に
もう2年前から思ってたこともありますが、
個人的にはここ2巻の展開も面白かったので
別に良かったかなぁ^^;w

----
13:22
『ネギの本命の件は 1.中学卒業の時点で明日菜ではない(そして明日菜が驚くような人物)なおかつあの場に居た人物(=3-Aの中の誰か) 2.高校卒業の時点で告白した(?)らしいが少なくとも7年後の未来でネギはまだ結婚していない 3.のどかと夕映は失恋した …仮に高校卒業時点でネギの告白イベントがあったとすると A.告白したが振られた B.交際することになったが7年後の時点までに破局した C.7年後も交際中 …まき絵の「ネギ一筋」などを見るとネギはその後も結婚していない???』


ネギ告白はしたものの結婚はなかなかしてない
感じですかねぇ^^;
ただ、超鈴音がいるので、誰かと結婚はしている
ような気がしますが・・どうなんですかねぇ^^;

----
13:23
『個人的にはのどかと夕映が失恋したとはっきり明記されていたのが残念でした。二人のどちらか、もしくは明日菜だったら個人的に納得いくエンディングだったんですが…(あくまでも個人的にですが)』


あの二人が、ネギの本命から外れることが
明言されたのはちょっと意外でした^^;
当初はてっきりのどかかかと思ってたんですがねぇ^^;

----
13:24
『なんだかんだあったけど結局明日菜と結ばれました(件の本命さんとは縁がありませんでした)という未来を妄想することはできるんですが、のどかor夕映ルートは完全に潰されてしまったのがちょっと残酷だなぁと。完全にあやふやにしてくれれば勝手に妄想することもできたのに… 』


私もその辺は、若干思いましたね^^;
本命を語らないのであれば、夕映とのどかも
グレーでもよかったかもしれないかなぁ・・
とか思いました^^;

----
14:34
『>ゴールしてもいいよね
言っちゃらめぇー!!(爆) とも子さんみたいにならないでください(ぇ 何はともあれおつかれさまでしたm(_ _)m byレミニス・エィミィ@まき絵と夕映は私の妹です』


レミニスさんもこれまでお疲れ様でした(^^)

--------
【FC2Web拍手返信】

名前:浅
本文:
『麻帆良祭辺りから閲覧させて頂いておりました。
正直なところ、赤松作品はマガジン登場したところからラブひなまで流し見しかしていなく、ラブひな終了時も(グダグダやっと終わったか)とスルーしつつネギま!新連載時も?ポ○ターかよ!?って印象から流し見でした。
考え変わったのは麻帆良祭で?天下一なんたらかよ!?と突っ込み入れつつ読んでいた時に緻密な背景がCGと気付いてからでした。
改めて連載開始からのマガジンをじっくり読み返すと、普通は読まないコマ内の小さなセリフを見て内容の濃さに驚くとともにネギま!オモロいと認識、久々に限定版まで購入しました。・・惜しむらくはアニメの失敗と個人的には感じています。
願わくば、早期に分割クールで3期を!と望んでおります。・・そうなったらマガジン購読再開するかな・・それでは最初で最後に長文失礼致しました。』


私も、アニメに関してはかなり残念と思っています。
本心としては、1シーズンかけて初回から、全部
やってほしい勢いで思ってるんですけどねぇ・・
私も3期は期待したいですw

--------
【コメント返信】

名前:neo道因法師
『ああ、のどかがかなりかわいくなったと思ったのはしのぶっぽさが加わったのか。(ラブひなではしのぶ好きだった)
そしてやっぱりはしょった部分かものすごく気になりますね。
38巻限定版には39巻がオマケで付いてきます…だったりしてww』


しのぶに似てるなぁと感じましたww
端折った部分は気になりますよねぇww
39巻がおまけにつくだとうれしいんですがww

----

名前:慶
『ゼクトに関しても触れずじまいでしたね。これで終わりだと思うと寂しいです。短期連載や番外編を期待してます。カゲタロウとは一体なんだったのだろうか』


ゼクトもどうなったか謎のままでしたねぇ・・
ナギと入れ替わった際に死んでしまったんですかねぇ?
カゲタロウはラカンの友達で終わってしまったん
ですかねぇ・・・少し持ったいないかなぁ^^;

----

名前:幸獅慈
タイトル:37巻と最終回しかよんでいませんが…。
『ネギは+7年で満16才でしょうか?まき絵が狙っている描写がありますので未婚のまま完結したようですね。最終話は同窓会になるのは当然として色々と赤松先生は38巻を強引に書きなぐった感があり今までの37巻までのくだりはなんだった感があります。
ただ最終頁が少年よ大志を抱けのパクり的内容でしめてまとまったようなまとまらなかったような微妙感があり、満足したようなしないような微妙です。
フェイトが満足に値する世界をネギが築けたのかはわかりません。しかしここの関係が成立したならばネギ成功ではないでしょうか。ネギま!成功かはよくわかりませんし後日談が語られるかもしれませんので外から見ています。
私は見ていない話ですがネギはナギと親子対面をどういう感じで果たしたかはコミックス38巻で楽しみにしています。
妻妾同衾コンビが破綻しているならばネギは貧乏くじを引き続けた雪広あやかとくっついてほしいです。でもしのぶ=のどかも貧乏くじですし、綾瀬夕映も体型や頭脳など初期はバカレンジャーと数えられた位の扱いなので不遇ですし、サブストーリーの最も強いキャラではないでしょうか?
前回のラブひなは主人公が結ばれましたので今回は違う側面を持つ内容でも仕方ないと思いますが…終わっちゃったんですね。赤松先生並びにスタッフの方々お疲れ様でした。多分、作画自体や構想は映画化の時点でほとんど終わっていると思いますが…やっぱりお疲れ様です。』


満足されてない方が、感想を巡回してても
多いみたいですね^^;
夕映については個人的には、ネギの役に立つ
道を選んで満足感もあるような感じも若干しますかねぇ

----

名前:幸獅慈
タイトル:長文になりましたが失礼します。
『木乃香と刹那が女同士で結婚したと仮定したら、何故に刹那にコメントが無いのかが分かりません、なので木乃香は男性と結婚したのではないでしょうか?また近衛家の一人娘でもあります。
鳴滝さんSには本当に一番最初に結婚した事で出番の少なさを挽回したような感じのコメントに共感しました。
夏美と小太郎も早熟な結婚で小太郎の犬っぽさがでていていいです。
葉加瀬聡美の結婚は謎です。某提督とは何の事でどうゆう接点か分かりかねないし、葉加瀬は晩婚で研究者と結婚しそうなところです。
ネギVSナギは武道会でする事はあっても不要な力比べはする必要がないでしょう。ナギは最終話では完全に戦意が無く隠居を連呼しています。ネギが戦うのは始まりの魔法使いならばよく分かります。
ネギは不老不死の肉体のままか?明日菜とは血縁関係なのではないのか?死なない人物は死なない人物とくっついた方がマシじゃないだろうか?
なのでエヴァンジェリンが吸血鬼の呪いまでもがとけない限り、ネギ自身思い人に想いを伝えられないのではないかと思えます。少なくとも7年間では不老不死から死のある人物には戻れなかったようです。
16才のネギ君とてお年頃ですが若気の至りをしていないところを診るとそこがネックになっていないかと思います。
人間を捨てているならばエヴァンジェリンか絡繰茶々丸か相坂さよか神楽坂明日菜か紅き翼メンバー(男性ばっかなのでここからエヴァンジェリンは誰かとくっついたら幸せかも…クウネルにキティ呼ばわりされたりして)他などしかいません。
木乃香が男性と結婚したら刹那はどうなったか?まずはその男性に斬りかかったかなどその辺は興味深いです。千雨だけが明るい話が無いですが刹那は果たして?人気投票も上位組でしたし、木乃香結婚からネギに告白する事が可能性低そうだけに気になります。クー老子も参戦します。
さぁどうなったんでしょう?意思表明するにも7年間ありますし、未婚の女性陣で新たな告白があったかもしれません。
アニメで告白をしている人は有利ですが人生何が起こるか分かりません。本気の女性がエヴァンジェリンの秘伝書を体得しまた彼女も不老不死になったかもしれません。不老不死になればライバル自体がぐんと減ります。競争相手は寿命により死亡しますから。
わかりませんねで終わった赤松先生の意思を尊重してあげたいところでもあります。』


千雨の暗そうな感じがミスリードな感じがしてます^^;
やっぱり千雨とネギが一番密接な感じがしますかねぇ・・
このせつについては、私も男性と結婚してる感じがします。
ただ、これはわかりませんねぇ・・
赤松先生がわざとぼやかした感じがなんとも^^;

----

名前:幸獅慈
タイトル:まだやりようはいくらでもありますが…私は魔法先生ネギま!は完結した作品ととらえています。赤松先生のドンデン返しにちゃんとした理由がなければ…。
『私は関連グッズなどをだすのはありでも、コミックスを37巻の時点で完結予告をして、38巻で色々はしょり、映画も終わりまた、今更続巻をだすといわれても、38巻に収まりきらないだけのストーリーや高校生編や3学期すらまだまだ描ける要素はあった中、終わったのですから赤松先生でも限界があったと思います。
私はもしもここで続編を描けば見方によれば蛇足と捉えられそうで少し嫌です。ちゃんとした主旨が無ければ完成度が落ちる恐れがあると思います。

個人的には特創版を出す機会になぜなに的に足していけばいいと思います。あと個人的にはアニメ化しディスクのみでしか閲覧出来ない30分DVDを、Blu-ray化時には、繋げてほしいです。

風邪とかひいて1人寝込んだ時にドラマCDを連続リピート再生して、調子が悪い時をよく乗り越えました。なんとかマスターディスク的なものを造れないでしょうか?

私は限界だったのならば完結させず休眠としておけばよかったと思います。それを強引に完結させたのですから、既に鳴滝さんずをはじめ数名が結婚し子供までいれば親ですよ。幸いに鳴滝さんずは描かれていませんが、中学生時代のノリで高校生時代を描けるか非常に疑問です。見たいですががっかりはしたくありません。映画化当時から筋書き通りに流れているならば ですが…。』


たぶん、赤松先生今のところは続編は白紙なんだろなぁ
とか思います^^;・・
期待したいところではありますが、赤松スタジオも休止
ということで、漫画自体をしばらく描かれない可能性も
高く、しばらくは続編があるとしてもお預けですかね^^;

ある意味、赤松先生的にはこれで完結なのかもしれませんね。

----
名前:幸獅慈の補足
タイトル:不完全燃焼があり、赤松先生が完結を宣告し、ホワイトデーに終わりました。
『主人公役の佐藤莉奈さんが軽めなコメントしかしていないので本当は続くみたいな事があるのかもしれませんがネギはネギです。彼の人生と3-Aが見られた方が良い事は良いです。九年も全スタッフや読者も加齢してしまいましたがハッピー☆マテリアルから紅白歌合戦などで伝説になるような事をやってほしいという願望はあります。海外向けにも出版されていますので世界でもハリポタのコミックス?と間違えて買って、何か世界がプラスな方向になるようにまとめてほしい事はほしいです。結局は不完全燃焼で終わった…終わりとしか書けません。エイプリルフールに重なって水曜日があるのかとかカレンダーを見ても解決しませんでした。まさか休眠を年またぎでして今後の4月1日に嘘でしたとするんでしょうか?

一応13日の金曜日というのは毎年必ずありますので…どこかで4月1日の水曜日もある筈だと思うですが…カレンダーでも見てみましょうか、』


ハピマテ旋風の時は、私も真面目に紅白?的なことを
若干思ったりもしましたw懐かしい思い出です。
多くのネギま!ファンは、不完全燃焼と思うかも
しれませんねぇ^^;
私は、まぁこれもありかなぁとか思ったりもするんですが、
ほんとエープリルフールだったらよかったんですが・・

今年の4/1、赤松先生の日記、ネギま!再開だったら
笑うんだけど・・・いや笑えないか^^;・・
それは再開がないことを意味するから^^;

------------------------------------------------------





SEOランキング:ネギま!サイト SEOランキング:ネギま!


スポンサーサイト

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
赤松先生のTwitterを覗きました。
赤松先生の魔法先生ネギま!が終わる理由は著作隣接権というパクり作品は罪になるという事ですな。そして赤松先生が許可しても出版社が著作権を持っていますから赤松先生は作品終了で筆をとれないと…出版社が別の誰かに著作権を委託させる事が出来ると。百%赤松先生に応援団をつけないと良作は生まれずだと思いますし、この規制は赤松先生すら縛る事になると。魔法先生ネギま!が完結した理由はこれならば相手せずで十分ですね。ただ良質な娯楽は出版社だけの所有物とし、報酬を作者に渡す関係にして出版社の権限を大にすると本という本は出版社を通せないという事になりますから、出版社が消滅しサークルが誕生すると思われます。魔法先生ネギま!の続編の権利は出版社にあり、赤松先生は退陣させられた事により別人の書き上げる魔法先生ネギま!が誕生する。これは益々日本社会をおかしくさせる愚策という事はいうまでもないです。国会議員も愚か者ばかりで関わりを保ちたくない、そして国家は腐る。単純に権限を奪うだけで済まない事は明白で出版社に良質な本は集まらなくなるぞ。権利はあくまでも作者の所有物と正し、作者の集合体が出版社に集めて管理して雑誌を発行するとしないとおかしくなるぞ。
2012/03/16(金) 01:41:53 | URL | 幸獅慈 #C6R2gQ3k[ 編集]
コメント多数のため、別記事で返信させていただきますね(^^)
2012/03/16(金) 06:35:45 | URL | 楊(やん) #gIoUEBZc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yannegi.blog42.fc2.com/tb.php/4379-2c3620ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック