アイコン:「ネギま!カメリア」さん TOP絵:「~ ねこまた ほまら ~」さん
□はじめに

以前から気になってたんですが、Amzonのカスタマーレビュー
の星についてネギま!単行本の推移をまとめてみました。

たぶんグラフにすると色々傾向が見えるなぁと
前々から思っていたんですが、なかなか時間がなくて
年末で時間も空いたのでサクッとまとめてみました。

------------------------------------------------------
□カスタマーレビュー集計

以下は、各ネギま!単行本の各星の件数・レビュー件数計・
星の総合値の表になります。

通常版と限定版は別々でカウントしています。

まあ、表だけでは分かりにくいので、
次からグラフ化しています。



------------------------------------------------------
□レビュー件数

※サムネイルをクリックしてください。


各単行本のレビュー件数の合計値の折れ線グラフに
なります。

当たり前かもしれませんが、最新刊になるほど
件数が少なくなります。

気になる点としては、1~7巻までグッと右肩下がり
になっていたのが、麻帆良祭が始まる頃から持ち直
しています。
パット見、麻帆良祭の展開のテコ入れでレビューが
増えたように見えます。

そして、麻帆良祭のクライマックスあたりで
またレビュー件数が増えています。
やはり、クライマックスは注目度が高め
という所でしょうか。

あとは通常版と限定版がわかれだした所から
グラフがジグザグになっていますが、単純に
通常版の方が多いからですね。

通常版に比べて限定版は5万程度の部数ですから
こういうことんなるでしょうか?

------------------------------------------------------
□単行本単位の星の総合値

※サムネイルをクリックしてください。


レビューの総合の値を各単行本ごとにグラフ化しています。

基本的に全般的に高止まり傾向です。
26巻限定版についてはレビューが0件ですので
ゼロになっています。

25巻から27巻にかけて若干星4から下に
なっていますね。

ネギパーティが再集結していく過程の部分ですが
なんでここだけ少し低いのかはよくわかりません。
レビューを読んで見るとバトル展開が長引いた
せいですかねぇ?
昔の回想シーンは私はかなり良かったんですけどねぇ^^;

あとはやはり1~10巻ぐらいが高いですねぇ
麻帆良祭が始まるあたりで分岐ができたような
感じがします。

------------------------------------------------------
□単行本単位の各星の数

※サムネイルをクリックしてください。


各単行本の星の数を星ごとにあらわしたグラフに
なります。

後半に行くにつれて、5⇒4になってる印象がありますかね・・

あとは、通常版と限定版で明暗が分かれています。
どうも限定版の方が評価が悪いですね。

たぶん通常版はマンがのみ、限定版はアニメも含んで
いるので限定版はアニメの感想が主のせいかも
しれません。
・・・ということはやはり原作漫画の方がアニメよりも
評価が高いということになりますかね。。

あと気になる点としては17~22巻辺りで
星1つの評価が多い所でしょうか。。
レビューを見てると同じ方がレビューしている
ようにも見えますが、この辺は麻帆良祭が終わってから
魔法世界編のとっかかりの部分になるので谷間の時期
とも言えるでしょうか?

------------------------------------------------------
□最後に

前々からちょっとデータをまとめてみたかったんですが
基本的には原作の評価はレビュー的にはそれほど
落ちてるわけではなさそうなので、いちネギま!好き
としてはちょいと嬉しい感じもします。

人が離れたり新しい人が入ってきたり、バトル展開に
なったりもしていますが、まあ評価的にはいい感じに
見えますかねぇ^^;

------------------------------------------------------




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yannegi.blog42.fc2.com/tb.php/3471-aa32db4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック