アイコン:「ネギま!カメリア」さん TOP絵:「~ ねこまた ほまら ~」さん
□はじめに

本日、朝から以前よりお知らせしていましたが
「true tearsイベントin城端「真実の涙をもう一度」」
に行ってきまして、今帰ってきました。

実は家の用があって夕方に第二部のトークパートが
終わってから帰ったんですが、これを書いている時点で
まだtrue tearsの上映が行われています。
(最後まで居たかったんですが、夕方に帰らないと
 いけなくて・・)

イベント内容やタイムスケジュールその他
については、公式ホームページをご覧ください。
「真実の涙をもう一度」有志会

とにかくですね・・

ファンの有志っていうレベルじゃない
凄い濃いイベントで、かなり良かったです。

これ500円でも入場料とればよかったんじゃないのかと
途中でふと思いました^^;

私は開場30分ぐらい前に行ったんですが・・
城端の本気を見たw

城端町からテントがいくつも立っている上に
隣の南砺市役場の大ホールなども解放され・・
一瞬あまり人がいないのかと思いきや
大ホールが凄い人で^^;・・びっくりでした。
どうやら、東京・大阪・名古屋からバスで
遠征されてきている方たちらしい。

想像以上に朝一から人が多くてびっくりです。

----
座席は入場前に選べるんですが・・
私が行ったときにはすでに最前列か
後ろの方しかあいていないようでしたので・・
すいませんいつもながら
最前列で見させてもらいました^^;

※まあ、これがあとで最前とって良かったと
 思うことになるんですがw

----
□ブルーレイ観賞会

イベントは基本は、true tearsのブルーレイの
全話鑑賞するというのがメインで午前は1~4話の
上映で終了。

まあ・・スクリーンがでかくて・・・
最前列、首と腰が痛いです(笑)


ただ、ほんと久々にtrue tearsを見ましたが・・
true tearsやっぱ面白いですね^^;

普通に見いってしまってあっという間に時間が過ぎました。
(遠征されてきている方なのか、途中大きいいびきが
 聞こえたのにはちょっと笑ったw)

午前では私が見る限り、一階席は8~9割方
埋まっていました。
午後の終盤になるとほぼ全部埋まってましたね。
2階席は地元優先・関係者席のようですので
満席にはなっていないようでした。

----
□昼食

昼食は城端からたくさんテントとかに店を出していて
凄い食べ物の数^^;・・これイベント参加者と店の数が
マッチしてないような気がww

あいちゃんの大判焼きや城端の
食べ物とかおいしいものを色々はしごして食べてきました。

まあ私は半分ほぼ地元民なんで、結構なじみもあるものも
ありつつも・・ついつい食べ過ぎた(つД`)

----
□物販

実は今回物販もありまして
じょうはな座のtruetearsポスターと
クリアファイルが出てました(^^♪

とりあえず、クリアファイルを買ってきました(^^♪

20101117 004_2

----
□第一部トークパート

午後はまずは、主催のtankさんと南砺市長の
メッセージから始まり、トークに有志会の方を含め
下記の方々の豪華な面々のトーク。
途中クイズ6問と質問回答の構成となっています。

【ゲスト】
  西村純二氏(監督)
  岡田麿里氏(シリーズ構成)
  堀川憲司氏(プロデューサー)
 司会
  ナガッチョ氏(プロデューサー)


そしてトーク開始・・

・・・が・・・途中で・・・

サプライズゲスト
高垣彩陽さん登場!!


身震いしてしまいました。
ふと、この前武道館でライブやった人だ・・
とかふと変なことを思ってました^^;

いやー実はゲストの発表を見た時に、
このメンバー来るんだったら声優さんも
ありだったんじゃ・・と思いつつも
高垣さんのブログとかにはなんら動きは無いので
まあ、無いんだろうなぁ^^;・・と思ってたんですが・・

いい意味で、裏切られましたw

ちなみに私は最前列ですw
距離がめちゃくちゃ近い^^;


トークについてはなかなか濃い話題が多くて
かなり面白かったです。

実は今回はファンによるイベントで
気を抜いていたわけではないんですが^^;
メモを取っていなかったので、面白い話を
うまくここに書けないのが残念です^^;

しまった・・・メモとっておけばよかったなぁ
ここ1年まともにイベント行ってないから
勘が鈍ってる感じも

ちなみにクイズの方は私は玉砕(つД`)
1位の人には出演者のサイン入りタペストリーが
送られるとのこと!

----
□第二部eufoniusさんライブ

eufoniusさんが
truetears関連の曲をリフレクティアなど
4曲歌われました!


やっぱいいっすね(^^♪
私なんかいまだにリフレクティア聞いてますもんねw

ここでも高垣さん登場で、eufoniusさんと高垣さんで
作られた曲「光のフィルメント」についての
トークなど(^^)

光のフィルメント(初回生産限定盤)(DVD付)光のフィルメント(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/11/17)
高垣彩陽

商品詳細を見る


そういや、このCD気がついてたんですが
ネギま!OADと重なってバタバタしてて買えて無かった^^;
これも縁なので買ってみることにしますw

そういやeufoniusさんと言えば、ちょっとだけ
ヨスガノソラの話も出てましたねw
会場出た瞬間爆笑でした。
ヨスガノソラは色んな意味で話題ですしね^^;

----
□第二部麦端踊りの実演

まあ、麦端踊りはtruetearsの仮想の踊りですが
城端の地元のむぎやを踊られる方々が麦端踊りの実演
をしてくださいました。

・・・意外とこれはこれでいいですね^^;
意外とありかもしれないw

----
□第二部トークパート

再びゲストさんにeufoniusさんを交えての
質問形式のトーク!!

印象に残っていのは乃絵の声優だけが
なかなか決まらなくて、もう一本
高垣さんがスタジオオーディションと
テープオーディションを間違えて
送ってきたテープで声優が決まった件が
面白かったなぁ^^;・・色々逸話があるんですねw

高垣さんについては・・最後の締めのあいさつの時
やはり・・・高垣彩陽さん泣いちゃった^^;
つくづくいい人だなぁ・・

あとは、truetearsのブルーレイ売上ですが
ネットで言われている売り上げとは
良い方に全然違うそうです。
桁が違うらしい。


相当売れたみたいですね^^;・・・
------------------------------------------------------
※追記 12/5

高垣彩陽さんや、堀川社長がブログにUPされています!

真実の涙。|高垣彩陽オフィシャルブログ「あやひごろ」Powered by Ameba

True Tearsイベント | P.A.WORKS Blog
晴れた…!!! | P.A.WORKS Blog


------------------------------------------------------
□最後に

重ね重ね、想像以上にいいイベントでした・・
これは行って大正解でした^^;

企画の皆様方お疲れ様でしたm(__)m


------------------------------------------------------ 
【お知らせ】

現在、下記を実施中です(^^)
締め切りは12/18朝を予定していますm(__)m
 ※12/20頃としていましたが12/18朝とします。


ネギま!サイト2010年MVP

ネギま!重大ニュース2010アンケート


アンケート「クルト・ゲーデル」の声優さんは?
アンケート「デュナミス」の声優さんは?
アンケート「焔」の声優さんは?
アンケート「栞(ルーナ)」の声優さんは?
アンケート「暦」の声優さんは?
アンケート「環」の声優さんは?
アンケート「調(ブリジット)」の声優さんは?


------------------------------------------------------
【お知らせ】

ドラマCD付きネギま!33巻は
2月に発売予定!


CD付き初回限定版 魔法先生ネギま!CD付き初回限定版 魔法先生ネギま!
(2011/02/17)
赤松 健

商品詳細を見る


------------------------------------------------------





スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
初めまして。僕もこのイベントにお邪魔しておりました。
そういえば、いびき聞こえてましたねwそんなに重要なシーンじゃなくて良かったですw

ホント良いイベントでしたよね。華や派手さは無いけど、綺麗なイベントでした。
2010/12/05(日) 23:07:28 | URL | KzgM #-[ 編集]
>KzgMさん
どうもはじめまして
お、参加されていたんですね(^^)
ほんといいイベントでしたねぇ(^^♪
2010/12/06(月) 05:10:23 | URL | 楊(やん) #gIoUEBZc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yannegi.blog42.fc2.com/tb.php/3421-5dc8ca6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック