FC2ブログ
アイコン:「ネギま!カメリア」さん TOP絵:「~ ねこまた ほまら ~」さん
※内容はネタバレを含みます。ご注意ください。
□はじめに

みんな、大きくなったなぁ^^;・・
最初、小学生だったはずなのにw・・ラブシーン的なものが満載^^;

まあ、それはおいておいて、ハリーポッター見てまいりました。
さすが三連休、なかなか人がたくさん入ってましたね。
映画館的にはポケモンも多かったみたいですが^^;

映画の感想ですが・・そうですねぇ・・・もちろん映像はすごいですし
悪くないですが、なんと言ったらいいか・・

「ロードオブザリングの2作目」
「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」的な印象を
うけました^^;・・・

いわゆるクライマックスに向けた繋ぎのような感じがするというか
若干そんな気も^^;

しかし・・いつ見てもダンブルドアとガンダルフが私は被りますw
ダンブルドアは残念な結果になりましたが・・

------------------------------------------------------
□簡易感想

まあ、上に書いたのが感想のほとんどではありますが^^;・・
いつもながらハリーポッターシリーズはあの長い本を2時間半
に納めなければならないので端折ってる感がたくさんありますね^^;
確かに見た目では派手な映像・演出もありますが、もう6作目とも
なるともう前作までの話はなんとなく知ってないと相当厳しい感じも
します^^;・・・

よく考えると、ハリーポッターもものすごい登場人物の数ですよねぇ
本来ならば、映画よりもドラマみたいなので1話1話丁寧に作って
行ったものを見てみたい気もします^^;

------------------------------------------------------
□話はそれて・・

ネギま!ブロガー的に、ネギま!xハリポタの話でも^^;
ちょっとハリポタを見てて、ネギま!のことがオーバーラップ
することがあったので、少しばかりw

ネギま!とハリーポッターはまあ当初からまあよく色々と
言われる間柄なんですが、ここの後半にきて、ハリーポッターは
どんどんと、『暗い話かつ人が死んでいくリアルな話』になっている
気がします。
ハリーポッターは「賢者の石」時点では、結構子供向けという
印象が個人的には強かったんですが、6作目、そして最終巻の
話になると、完全に大人向けの様相を呈してるように思えます。

まあ、何がいいたいかというと、ネギま!も魔法世界編に行って
シビアな話になってるのと似ているなぁと^^;・・・
まあ、ネギのキャラデザ自体が、どう見てもハリーポッターwと
言う話が当初からありますが、話の展開自体の『ふんいき』
近いものがあるなぁとも思います。


たぶん、ハリポタにしてもネギま!にしてももう6年以上、ハリポタは
ほぼ10年近くやっていると、やはり最初見てた人も成長していく
ので・・例えばハリポタ一巻で小学生だった人がもうすぐ成人に
なっているような時間経過だったりするわけです。

そこで、やはり1巻目と同じようなゆるい感じよりもどんどんと
読者の成長に合わせて、話を難しくダーク感も入れて書いて
行ってるのかなぁ・・・とも今日の映画を見てて妄想していました。
(ネギま!についてはそれほど暗くなってりうわけではありませんが
 ネギの腕が切れちゃったりとかもしますしね^^;・・最近は・・)

そういう物語の作り方なのかなぁ・・とか思いつつ、映画を
見てました。(映画に集中してないですねw)

しっかり・・ハリーポッターも、次作のあらすじは知ってますが・・
当初の冒険活劇的な印象とは変わってきたなぁ^^;・・
------------------------------------------------------
□最後に

私はエンドロールの最後までしっかりと見る人なんですがww
最後に出てきた文字にびっくり^^;・・・

たぶん私が知らなかっただけで、情報は出てると思うんで
書くんですが・・・

最終作・・2部構成なんですね^^;・・・
てっきり来年で終わるものと勝手に思っていました^^;・・

そうか・・まだ2年やるのか^^;ww

------------------------------------------------------



スポンサーサイト



テーマ:ハリー・ポッターと謎のプリンス - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yannegi.blog42.fc2.com/tb.php/2592-3786f171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック